学校法人 川越白ゆり幼稚園

学校法人 川越白ゆり幼稚園
〒350-0816
埼玉県川越市上戸189-9
TEL:049-232-1121
FAX:049-233-5255
子育て支援センター リリー
〒350-0816
埼玉県川越市上戸258-1
TEL:049-233-1234
FAX:049-232-0100

アクセスマップ

知育

  • 徳育
  • 知育
  • 体育
  • 食育

集中力をつけたい。
感情豊かな表現力を持った子にしたい。
様々な教育を受けさせて、子どもの可能性を伸ばしたい。

そんな皆様の願いを叶える 知育

子どもの力を伸ばす つみき遊び・かず遊び

全国のつみき教室の中で日本一の在籍人数・開講クラス数・教材数を誇ります。
埼玉県では、当幼稚園が初めてのつみき教育実践園です。
10種類以上のカラフルなオリジナルのつみきを使い、遊び感覚で知的成長を促し、幅広い思考力を育てます。
遊びながら、集中力・想像力・記憶力・持続力・ものごとに対する意欲が身に付きます。
また、“かず”や“図形”に対する認識が、つみきを使った遊びを通して学べます。

つみき遊び

カラフルなつみきや様々な形のつみきを使って楽しく遊びながら、思考力と集中力を育てます。

自分のペースで課題に取り組む事が出来、達成感・満足感を得ると共に 自学自習の習慣が身に付きます。

つみき遊び
この笑顔!!課題が出来た喜びは次のやる気を引き出します。

かず遊び

つみきを使い目で見て、耳で聞いて、手で触れる楽しいかず遊び(算数)です。

遊びながら数と量の一致をめざし、算数の基礎(土台)を作ります。小学校3年生程度の問題をすらすら解ける子もいます!

かず遊び
「答えを発表してくれる人?」
「はいっ!」自信を持って発言出来ます。

20年以上の実績をもつ課外つみき遊び・かず遊びはこちら→

音楽教育

音を楽しみ、感性を養う

単なる音楽遊びではなく、毎日の積み重ねと、優れた専門講師による指導に特徴があります。
演奏指導には、ティンパニやマリンバなどコンサート用の本物の楽器を使います。又、毎日の活動により、卒園までに絶対音感(音を聞くと何の音かわかる能力)が自然と身に付けられるのも特徴です。
美しさに感動する心を育て、リズム感・聴音力を養うことを目指します。

指遣いもバッチリです!大人も使うコンサート用の楽器

ステージの上でもこんなに堂々と歌えるよ!
ステージの上でもこんなに堂々と歌えるよ!

絵画

絵画は心のメッセージ

川越白ゆり幼稚園では、職員が様々な研修を受け、視覚に頼るのではなく手で触った感触等五感をフルに働かせて描く指導を行っています。

年1回行われる絵画展では、全園児の躍動感溢れる絵画でホールが賑やかに 埋め尽くされます。

卒園してからも数々のコンクールで表彰されています。

絵画は心のメッセージ
年長組の絵はみんなの憧れ

表現力を豊かにする絵画

絵画指導は、子どもたちの創造性と個性を伸ばすことを目的としています。
注意深い観察力を身に付けた子どもたちは、ものの姿を正しく捉え造形能力が伸び表現力も豊かになるので、おおらかで伸びやかな絵が描けるようになります。

表現力を豊かにする絵画
見て、見て。上手に描けたよ。

書き方指導

補助具を用いて、「正しい鉛筆の持ち方」が出来るように指導しています。
正しい鉛筆の持ち方を身に付ける事で、疲れにくくなり文字を書くスピードもあがります。
歌を歌いながら言葉遊びも楽しみ、子ども達は文字への関心が高まります。
年長組は全国硬筆コンクールに出品し、全書会会長賞(全国2位)などの特別賞を多数受賞しています。

書くことに集中すると心も落ち着きます
書くことに集中すると心も落ち着きます

漢字教育

子ども達にとっては「はな」よりも「花」や「鼻」の漢字のほうが文字と意味が繋がり、優しく感じます。
幼児期から漢字を与えることは、早期教育でも英才教育でもなく記憶力の良い最も適した時期に行う「適時教育」であると考えています。

英語教育

○英語教育(英語学習ツールCyber Dream導入)

英語を身に付けるには何が必要か?原点は英語=語学という考え方

英語に限らず、語学は週一回では身につきません。 入園前の子どもがいい教材で学んだわけでもなくいい先生に教えてもらったわけでもないのに当たり前のように母国語=日本語を話せるのはその環境が毎日当たり前にあるからです。 つまり、いつでもネイティブの英語を聞いて話せる『環境』と毎日の『繰り返し』があれば英語の習得が身近なものになります!

英語教育

だから、一番リラックス出来る担任の先生と一緒に、毎日5~10分程度テレビの画面を通してネイティブの先生と挨拶をしたり、言葉遊びやクイズ、手遊びや歌を楽しむ『サイバードリーム』を行う事で、遊びながら英語に親しむことが出来ます!

英語教育

真似上手で柔軟な幼児期に聴こえる耳を育てる

日本語と英語には周波数に違いがあるのですが、周波数やリズムを聞き分ける能力は成長とともに衰えてしまいます。 当園では、言語によって違う英語独特の発音も無理なく身につけられる、聴力が最も発達する耳の柔軟な幼児期だからこそ、本物に触れ耳の記憶を育てること、聴ける耳を育て周波数を広げてあげることが重要だと考えています。
さらに、真似上手な幼児期は発音・アクセント・会話・英語の感覚といった英語の基礎を身につけるのにベストタイミングです。この幼児期の経験が、将来本格的な英語を勉強する時のきっかけとなります!

英語教育

このページの上へ